So-net無料ブログ作成
検索選択

ランニング障害の中敷き FuMission(フミッション)

ランニング障害で足の負担にお悩みのあなた
靴の中敷きを変えてみませんか?

オーダーメイドインソール FuMission(フミッション)は
あなたの足にぴったりフィットして
ランニング障害の不安を和らげてくれます。





ランニング障害の原因としては
O脚,偏平足などの体型や
走り方のフォーム等
さらにランニングシューズ等のツールの問題‥
等様々な問題がありますが、

いすれにしても走る、歩くためには
使用する靴はポイントとして外せません。
衝撃を吸収し、正しい姿勢を保つ、足を守るという点から考えても
まずは靴が重要であることは歪めません。

シチュエーションによって履く靴は変わりますが、 足にかかる負担は変わりません。

かと言ってランニング障害用の靴で会社に行くことはないでしょうし、
どんなシチュエーションにも合うデザインのランニング障害用の靴も
ないでしょう。

そこで、靴の中敷きにこだわってみたらいかがでしょうか。





FuMission(フミッション)はオーダーメイドにより
あなたにぴったり合うインソールを実現しています。
自分の足のためには
自分にピッタリ合うものが重要であることは誰も否定しないと思います。

1.理学療法士が考案
2.職人さんが手作り
3.簡単にあなたの足を型取り、
4.機能も充実しています。

よろしければ一度ご覧になってみてください。

↓ ↓ ↓ オーダーメイドインソール FuMission(フミッション) 詳細はこちらへ ↓ ↓ ↓



ピンホールアイマスクで視力回復?! [商品]

ピンホールアイマスクで視力回復トレーニング
副作用の心配なし!!




一見するとなぜこんなものが
視力回復に効果があるのだろうかと思ってしまいます。
ピンホールアイマスクの視力回復のメカニズムを見ていきましょう。



視力が落ちる要因
現代は何かと近距離でモノを見がちで
視力が衰える要因がとても増えています。
パソコン、スマホ、携帯でのメール、読書、ゲーム‥‥

これが長時間続くと
焦点を合わせるために目の筋肉(毛様体)が緊張状態を続けることになり
目が疲れたり、筋肉が硬くこわばってしまいます。

これで焦点を合わせる動きが難しくなるんですね。


まずは目が見えるメカニズムから
ものを見ているとき、目のレンズの役割である水晶体で、目に入ってきた光を集約します。
そしてその後ろにある網膜上で焦点が合ったときくっきりと見えるのです。
その焦点が、網膜より手前に来てしまうと近視、
網膜より奥になってしまうと遠視や老眼となります。


ところが面白いことに
目に入るときの光が細く、1本のすじとして目に入ると
水晶体で集約する必要がなくなり、どの位置でも焦点が合うようになるのです。
ですから目に入る光を細くすればするほど、ピントを合わせる必要がなくなり
よく見えるようになるのです。
つまり初めから焦点を合わせた状態で目に景色が入ってくる、
という感じですね。


トレーニング効果
ピンホールアイマスクをつけていればピントが合った状態でモノが見えますが、
外してしまえば元に戻ってしまいます。

しかし、ピンホールアイマスクを利用することで
視力回復のトレーニングをすることができるんです。
むしろそのためのアイマスク(メガネ)だと言って良いでしょう。


トレーニングは簡単です
視力回復には毛様体を鍛えます。
トレーニングはとても簡単です。

①ピンホールアイマスクを着けて、5秒間、遠くに視点を合わせる。
②そのあと、ピンホールアイマスクの穴の縁に、いっきに焦点を絞り込み、5秒間集中して見つめる。
③これを、ピンホールアイマスクの左右5つずつの穴ごとに、繰り返し行う。

以上です。

また、普段の生活の中でこのアイマスクをしているとより効果が高まります。
それも簡単なことです。
「テレビを見るとき」「テレビゲームをするとき」「読書をするとき」「パソコンを使うとき」
このアイマスクをしていればいいのです。

これだけです。


子供の視力回復、老眼に
現代の子供の視力の衰えは深刻です。
子供の視力回復にも効果的ですし

なんといっても副作用がありません。


また年を取ると老化現象で、水晶体や、眼球のまわりの筋肉が衰え、弾力を失い
視力は低下します。
老眼鏡を書けるようになってしまうと、目の筋肉や焦点を合わせるといった運動を
しなくなってしまいますので、一層視力は悪化します。

目は使わなさ過ぎても衰えるのです。

目も身体と同じです。
日々鍛えていれば視力は維持し続けることができますし、
回復も可能なのです。

視力の衰えが気になりだしたら是非一度
試してみてはいかがでしょう。







ピンホールアイマスクのメガネタイプもあります。
それが「パソネットPC-Eye」です。
一見するとサングラス、あるいは水泳のゴーグルのようにも見えます。
メガネがなくてもよく見えるメカニズムは
ピンホールアイマスクと同じです。


1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」


メガネなしでもよく見える「パソネットPC-Eye」

イロイロあるもんだ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。