So-net無料ブログ作成

春夏秋冬 室内で野菜の収穫 『リビングベジスタⅡ』家庭用植物工場 [家電]

スポンサーリンク




春夏秋冬
天候害虫に左右されずに
室内で野菜の安定した収穫が楽しめる
『リビングベジスタⅡ』


もともと研究室用のものを
家庭用に改良したものだそうです。




【リビングベジスタⅡでできること】
大きさは
W430mm×D360mm×H400mm (庫内 W350mm×D300mm×H230mm 24 リットル)

ということは
大体家庭の電子レンジとほぼ同じサイズですね。
(若干高さが高い感じがしますが)

サイズからして当然大きな野菜は無理です。
水菜や小松菜、バジルなどの小型野菜専用です。


【リビングベジスタⅡの良いところ】
1:一番の利点は天候や害虫などに左右されない
 事でしょう。
 ベランダなどで育てている場合は
 台風などの悪天候のときなど、あわてて
 鉢を家の中にしまったりしますが、
 そんな心配もせず安定した収穫が望めます。
 1回の収穫で大人約二人分の野菜が
 収穫できるそうです。

2:水耕栽培なので、土を使いません。
 家の中でも汚れる心配もなく、気軽に
 使用できます。
 3日に1回の水やりでOK!

3:家の中ですから
 せっかく育った野菜をに食べられた…
 なんてことがありません。

4:野菜を育てるのに大切な
 光・温度・水・風・湿度を兼ね備えているため
 菜園が苦手な方でも気軽にできます。
 詳しくはこちらをご覧ください。↓↓
 <リビングベジスタで確保している生育条件


【収穫までの流れ】
STEP1
キットのスポンジを水に浸し、種をまく。
霧吹きで種を湿らせ、リビングベジスタの中に入れ
電源は入れずに暗いまま発芽を待つ。
       
          

STEP2
2~3日後、発芽したら液体肥料を与えます。
       
          
STEP3
あとはスイッチを入れればOK!
自動でライトが16時間点灯、8時間消灯を繰り返し、
庫内温度が24度を越えるとファンが回って冷却、植物の育成に必要な
空気の流れも作り出します。

種をまいてから3週間程度でおいしい野菜が食べられます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓↓
リビングベジスタの使い方


【リビングベジスタⅡのデメリット】
電気代が1ヶ月¥400
省エネタイプということですが、
わたしは、あえてこれをデメリットとさせていただきました。
1年で¥4,800です。
思ったよりも電気代がかかるという印象を受けました。

ただ
育てていない時期はかかりませんし、
ベランダで育てても収穫できなかったりというリスクが
少ないことや、その分収穫できお店で買ってくることを
考えると、もとは取れてるともいますし、
なにより育てて食べられる喜びがありますので、
趣味として考えれば安いかもしれません。


【こんな方にオススメ】
庭がない、
ベランダはあるけれど日当たりが悪い
家の中でしかできない方
虫や土いじりの苦手な方などは
おすすめです。

利用者の声はこちら

リビングに置ける、卓上型の家庭用野菜工場 「リビングベジスタ」
よかったら趣味の家庭菜園にどうぞ




現在購入できるのはこちらからだけみたいです↓↓↓
家庭用の植物工場 再販 リビングベジスタ II (メール便、BDD、メーカー出荷のため代金引換不...



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
イロイロあるもんだ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。